家庭菜園で育てられる野菜の一覧

家庭菜園で育てられる野菜の解説と育て方についての記事です。
0種類の品種

オカノリ

アオイ科 葉菜類

別名: フユアオイ(冬葵)

オクラの仲間で、葉を食用とする。茎を乾燥させてあぶると海苔のような風味になる事から、オカノリ(陸海苔)の名がついたともいわれる。

オクラの写真
12種類の品種

オクラ

アオイ科 果菜類

別名: アメリカネリ、陸蓮根(おかれんこん)

果実の粘りが特徴の、真夏に旺盛に生育する熱帯性植物で、若い莢を食用にする。ハイビスカスと同じ仲間で、花が美しい。

0種類の品種

トンブリ

アカザ科 果菜類

別名: ホウキギ、ホウキグサ

トンブリは、ホウキの原料となったり観葉植物としても利用されるホウキギ(コキア)の果実。その形状や色、食感から「畑のキャビア」とも呼ばれる。

0種類の品種

ビーツ

アカザ科 根菜類

別名: テンサイ、サトウダイコン(砂糖大根)

テンサイの仲間で独特の甘みがあり、形は蕪に似ている。根部が濃い赤紫色の代表的品種の他、白や黄色、オレンジ色、断面が白と赤の渦巻きのような模様をしたもの等がある。

1種類の品種

フダンソウ

アカザ科 葉菜類

別名: 恭菜、スイスチャード、ンスナバー

ホウレンソウの仲間。暑さ寒さに強く、ほぼ通年栽培できる為にフダンソウ(不断草)の名がついたと言われる。スイスチャードと呼ばれる西洋種は、葉軸が赤、黄色、ピンク、白などとカラフルな為、観賞用としても栽培される。

ホウレンソウの写真
47種類の品種

ホウレンソウ

アカザ科 葉菜類

別名: ほうれん草

生育には冷涼な気候を好み、一般には秋まきと春まきで栽培ができる。暑さには弱いが寒さには強く、寒さに当たると甘みを増す。

アブラナの写真
3種類の品種

アブラナ

アブラナ科 花菜類

別名: ナノハナ(菜の花)、ナバナ

アブラナは、花芽がナノハナ(菜の花、菜花)として流通している。セイヨウアブラナは、主に植物油の原料になる。

3種類の品種

オランダガラシ

アブラナ科 葉菜類

別名: クレソン、クレス、ウォータークレス、ミズガラシ

ピリッとした辛みとほのかな苦みが特徴のハーブで、一般にはクレソンの名で流通している。川辺などに自生している事も多い。

0種類の品種

カイワレダイコン

アブラナ科 発芽野菜

スプラウトの一種で、発芽直後の大根の新芽を指す。暗所で発芽させた後に日光に当て、緑化させてから収穫する。

カブの写真
29種類の品種

カブ

アブラナ科 根菜類

別名: カブラ、カブナ、カブラナ、スズナ(鈴菜、菘)

日本では古来より栽培されてきた野菜で、様々な地方品種がある。加熱調理の他、生食でもおいしく食べられるものが多く、葉も栄養価が高い。生育には冷涼な気候を好む。

4種類の品種

カラシナ

アブラナ科 葉菜類

別名: セイヨウカラシナ

ピリッとした辛みをもつ漬菜の一種。種子を挽いて粉状にすると、和辛子になる。

カリフラワーの写真
14種類の品種

カリフラワー

アブラナ科 花菜類

別名: ハナヤサイ(花野菜、花椰菜)、ハナカンラン(花甘藍)、木立花葉牡丹(キダチハナハボタン)、花キャベツ

ブロッコリー同様、肥大した頂花蕾を食用にするが、通常、側花蕾は発生しない。栽培には冷涼な気候を好み、春と秋に栽培できる。

キャベツの写真
73種類の品種

キャベツ

アブラナ科 葉菜類

別名: 甘藍(かんらん)、玉菜(たまな)

様々な品種があり、生食から加熱料理まで調理用途が広い結球野菜。

8種類の品種

ケール

アブラナ科 葉菜類

別名: リョクヨウカンラン(緑葉甘藍)、ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)

結球しないキャベツの仲間で、葉はビタミンやミネラルが豊富。青汁の材料となる事が多いが、若く柔らかい葉はサラダや炒め物でも食べられる。

3種類の品種

コールラビ

アブラナ科 茎菜類

別名: カブカンラン(蕪甘藍)、カブタマナ(蕪玉菜)

キャベツの仲間で、カブのように球状に肥大した茎を食用にする。名前の由来は、ドイツ語のコール(キャベツ)とラビ(カブ)。薄緑色と紫色の品種がある。

0種類の品種

コウサイタイ

アブラナ科 葉菜類

トウ立ちした花茎と花蕾を食用とする中国野菜で、アントシアニン色素による赤紫色の茎が特徴。寒さに当たると、発色がより鮮やかになる。

コマツナの写真
17種類の品種

コマツナ

アブラナ科 葉菜類

別名: 冬菜(フユナ)、鶯菜(ウグイスナ)、餅菜(モチナ)

短期間で収穫できる育てやすい青菜。ビタミン、ミネラルの他、カルシウムや鉄分を豊富に含む。

1種類の品種

ザーサイ

アブラナ科 茎菜類

別名: ザーツァイ

カラシナの変種で、コブのように肥大した茎の基部を主に食用にする中国野菜。中華料理に使われる漬けものの材料となる事が多い。

0種類の品種

サイシン

アブラナ科 葉菜類

別名: 菜心(ツアイシン)、菜苔(ツアイタイ)、油菜心(イウツアイシン)

花茎と花蕾を食用とする中国野菜。適温の栽培であれば、季節に関係なくトウ立ちして収穫ができる。

0種類の品種

セイヨウワサビ

アブラナ科 根菜類

別名: ホースラディッシュ、ワサビダイコン、レフォール(レホール)、ウマワサビ、西洋ワサビ、ウマダイコン

すりおろすとツンとした辛みが生じる根部を主に食用とする。生命力や繁殖力が強く、畑で容易に栽培できる。