オオムギ

品種は大別すると、皮ムギである二条オオムギ、六条オオムギと、ハダカムギに分かれる。関東以西では、秋に種をまいて、翌年初夏から夏に収穫する。
野菜分類
穀物類
野菜科目
イネ科
漢字
大麦
英名
barley
学名
Hordeum vulgare
家庭菜園の育てやすさ

オオムギの解説

品種は大別すると、二条オオムギ、六条オオムギ、ハダカムギに分かれる。

二条オオムギは主にビールの原料に使用され、六条オオムギは押し麦等の雑穀や麦茶に加工される。両品種は、皮が実と糊状のもので固着していて脱穀しづらい皮ムギ。

一方、ハダカムギは脱穀が容易で、主に麦味噌の原料の他、雑穀としても利用される。

草丈20cm~30cmで刈り取った若葉は、青汁の原料にもなる。また、若葉は猫などのペット食用としても利用されている。生育には冷涼な気候を好み、秋に種をまいて、翌年の初夏から夏に収穫する。

家庭菜園では、風避けやバンカープランツ、敷き藁としての利用価値もある。

家庭菜園のオオムギの育て方について

栽培適期

発芽適温10℃~15℃、生育適温20℃以下。10月~11月頃に種をまいて越冬させ、翌年6月頃に収穫する。

土壌の準備

pH6.0~6.5の土壌を好むので、酸度調整が必要な場合は、石灰を混ぜて中和する。堆肥などの腐植物に加え、肥料は、チッソ、リン酸、カリをバランスよく含む肥料を施すが、多肥の必要はない。

栽培方法

条間30cmの溝を作り、種をすじまきにする。覆土の厚さは3cm~5cm。播種後はしっかりと鎮圧して水遣りをする。発芽したら、霜による根浮き防止や根張りと分けつ促進の為に、年内に1度と年明けに2度程、麦踏みをする。

追肥は、生育状況をみて2月上旬と3月上旬に行い、同時に土寄せも行う。

収穫

出穂後40日前後が目安。穂首が黄金色に変わって垂れた頃、粒を指で押してみて十分な硬さを感じたら収穫適期。株ごと刈り取って乾燥させる。収穫が早過ぎると穂に実が入っていなかったり、遅くなると茎が折れたり入梅してしまうので、適期の収穫を心掛ける。

食用としない場合には、早めに刈り取って乾燥させるとよい。

青汁に利用する際には、冬の間や春先に、草丈20cm~30cmに育ったものを刈り取る。

ポイント

  • 種まきが早過ぎたり遅すぎたりすると、生育過剰や生育不良で病害に遭いやすくなる為、適期に種まきをする。
  • 浅く種まきすると鳥の食害に遭いやすい為、注意する。不織布などをベタ掛けして防除してもよい。
  • 3月以降の立茎後は、麦踏みをしない。
  • 収穫が遅れても鳥の食害に遭うので、注意する。

オオムギに発生する病気や生理障害一覧

オオムギのオススメ料理について

六条オオムギは、皮つきのまま煎れば、麦茶として利用できる。また、麦を発芽させた麦もやしを乾燥して麦芽を作り、もち米粥に加えれば麦芽糖になる。

六条オオムギやハダカムギは、精麦、精白できれば、米粒麦として米に混ぜて炊いたり、煎って粉に挽き、はったい粉などを作る事ができる。

最終更新日:
オオムギをPotGraphストアで探す